猫 アロマ 危険

ご存知ですか?アロマが猫ちゃんの体に危険をもたらすことを。

 

近年アロマセラピーが若い方たちの間で人気になっています。仕事の疲れを癒すのに利用したり、心地よい眠りのために利用したり、人間の体にはとても良い効能があると、使っている方が多いようです。また、加湿機にアロマを使用しているものも最近では、多くみられます。

 

しかし、そのアロマは猫ちゃんの体に大きな危険をもたらすことはご存知でしょうか?

 

アロマセラピーとは、植物から取り出した香りの成分である純度100%の精油を使い、ストレス解消やリラクゼーション、心や体の健康などに効能があるとされています。自分の好きな香りや気になる病状や症状に香りのアロマオイルを選んで体に取り込みます。

 

精油が作用される主な方法の一つに、気化させてその成分を吸い込み、その匂い成分が中枢神経から脳に刺激をして、体に働きかけます。あるいは皮膚から入り血中に溶け込み、体内に直接働きかける作用があるともされています。

 

ただし、人間には効き目があるとされているアロマオイルは、100%植物から抽出されたものであり、元々肉食である猫ちゃんにとって植物性のものは、体に取り入れてしまうと代謝できずに害をもたらす危険があります。

 

欧米では、猫ちゃんに精油入りのペット用シャンプーを使用し、中毒になり、死亡する例も出てきて社会的な問題になったこともあります。

 

 

猫ちゃんの皮膚はとても薄く、皮膚から吸収されたアロマオイルが血中に入り込み、体中に回り、それが蓄積していき、知らぬ間に猫ちゃんの体に悪いものとして吸収されていきます。

 

その中毒症状としては、原因となるオイル成分によって異なりますが、主によだれを垂らす、嘔吐する、貧血や下血などの症状が現れます。

 

アロマオイルに使う精油は1mlの精油を作るためにその100倍から1000倍もの植物を使用します。人間でも舐めたら危険なもの。万が一、大事な猫ちゃんが舐めてしまったらと考えるだけで胸が痛くなります。

 

もちろん舐めてしまうことはなくても、飼い主さんが毎日アロマを使い続けることにより、猫ちゃんの体に知らず知らずのうちに蓄積されていき、人間で言う重金属障害の症状があらわれます。

 

肝機能が弱り、血液検査をすると、とんでもない数値が現れて驚くという飼い主さんもいます。

 

何故、猫ちゃんの肝機能障害が起こるのかというと、猫ちゃんは犬ちゃんと違い、肉食動物であり、植物を消化する酵素を体内に持っていない動物です。

 

植物をうまく消化できない体に植物成分が入りこみ、代謝できなくなるため肝臓に大きな負担がかかります。

 

猫草やキャベツやレタスなどの葉物が好きな猫ちゃんもいますが、多くを食べなければ問題にはならないはずです。

 

ただし、気化したアロマオイルは、猫ちゃんの毛について、皮膚を通し、小さな体の中に入り込みます。そしてある日急に、症状が出ます。

 

猫ちゃんを飼う方でもアロマが好きという方も多くおられると思いますが、猫ちゃんのことを思えばできるだけ止めることをおすすめします。

 

どうしても使用したければ、別室で、使用した後は完全に換気し香りを残さないこと。大事な猫ちゃんを危険から守るために、後悔をしたくなければ飼い主さんも考えてみることが大事です。

 

>>愛猫を健康にしたい方はこちら!