猫 花 危険

あなたの家は大丈夫?猫ちゃんにとって危険な花と観葉植物。

 

部屋の中にお花や観葉植物を置いて楽しんでいる方も多いと思います。身の回りに緑があると、とても落ち着くし、心が安らかになりリラックスできますよね。

 

でも、そのお花や観葉植物が猫ちゃんに危険なものだと知ったらどうしますか。

 

 

今回は、身の回りにある綺麗なお花や緑が美しい観葉植物の中でも、猫ちゃんにとっては危険だとされているものを紹介します。今すぐ、家の中を見回して、危険なものを猫ちゃんの近くには置かないようにしましょう。

 

猫ちゃんにとって危険とされている植物というものは700以上あるとされています。口に入れてしまうことはもちろん危険ですが、香りが空気中を漂い、猫ちゃんの皮膚から吸収されて、いつの間にかその毒にやられてしまう。

 

鉢植えのお皿の水を飲んで、溶けだした毒にやられてしまう、といった事故が、毎年何件も起きていることだけは事実です。

 

観葉植物の中でも人気のポトスやアイビー。ツルが伸びて、緑の葉に癒されますよね。でも、これらはサトイモ科の植物で、茎と葉に毒を持っています。万が一、猫ちゃんが食べてしまうと口の中が痒くなり、よだれが多く出て、ひどくなると気道がふさがれてしまい、死に至ることもあります。

 

ポトスやアイビーはつるが伸び、葉が垂れさがり、ゆらゆらと揺れるので、猫ちゃんがおもちゃ代わりに遊んでしまうこともあります。遊んでいて齧ってしまう心配もあるので、置かないほうが良いでしょう。

 

猫ちゃんにとって一番危険だとされているのが、ユリです。ユリは、花や葉、茎も球根も全て毒性があり、花粉を舐めてしまっただけでも命が危険だと言われている植物です。もちろん花瓶の水にも毒があり、強い香りさえも危険です。

 

症状としては下痢や嘔吐、ひどくなると目が見えなくなり、腎不全を起こし、死に至るという猫ちゃんにとっては猛毒と言われている植物。治療薬もなく、直すことは不可能と言われているので、決して置かないようにしましょう。

 

可愛いチューリップもユリ科の植物です。ユリほどの毒性はありませんが、あまりおすすめはできません。

 

庭や公園などでよく見るツツジやサツキなど、ツツジ科の植物も猫ちゃんにとっては毒だとされています。ツツジの葉と蜜には、毒素があり、猫ちゃんが口にするとよだれが止まらなくなり、けいれんを起こし、昏睡状態になることもあります。量が多いと死に至ることもあります。

 

冬に可愛い花をつけるクリスマスローズや可愛いキンポウゲも、肌に触れるとかぶれやかゆみを起こし、口に入るとよだれや嘔吐、下痢などの症状が出てしまいます。

 

可愛い花には毒があるなんて言葉も聞きますが、猫ちゃんにとっては危険極まりないものが多いのが事実です。観葉植物やお花を飾る場合には、猫ちゃんにとって危険ではないか確かめてから置くようにしましょう。

 

少しずつの積み重ねで毒が回り、ある日突然症状が出たなんてことにならないように。猫ちゃんを守れるのは飼い主さんだけです。自分のリラックス空間を選ぶか、猫ちゃんを選ぶか、って言ったらもちろん猫ちゃんですよね。しっかり勉強してから観葉植物もお花も置くようにしましょう。

 

>>猫ちゃんにとって危険のものはこちら!