猫の気持ち しぐさ

猫ちゃんの気持ちを理解しよう!猫ちゃんのしぐさで気持ちが読める

猫ちゃんは自由気ままで、自分の気分でしか動かない自分勝手な動物。いったい何を考えているのかなかなか理解しがたい、という飼い主さんは自分を含め、そんな風に感じている方は多くいるのではないでしょうか。それだから猫は可愛いのだと思うのも事実。

 

猫ちゃんのしぐさを常に観察していると、猫ちゃんが何を思い、何を要求しているのかが次第にわかってきます。今回は、行動やしぐさをみていると、何となく理解できる猫ちゃんの気持ちについて調べてみました。

 

足元に猫ちゃんが来て、スリスリとされたことがありますか?これはあなたが好きだよ、という猫ちゃんから飼い主さんへの愛情を表わした行動。猫ちゃんの耳の下にある匂い腺から、飼い主さんへ匂いをすりつけることで、これは私だけのもの、という印をつけています。

 

スリスリとしてくるのは、大好きと同時に自分だけのもの、という合図です。猫ちゃんに大好きと思われている証拠なので、飼い主さんにとっては嬉しい反応と思って良いでしょう。

 

猫ちゃん同士が鼻をくっつけて挨拶しているのはご存知ですか。これは、仲が良い猫ちゃん同士の愛情表現の一種です。飼い主さんにも同じように鼻をくっつけて挨拶してくれるようならば、二人の関係は本物だと言えましょう。

 

猫ちゃんの気持ちが表れているのが尻尾です。飼い主さんが近くに来ると猫ちゃんの尻尾がアンテナのようにまっすぐに立ちますね。尻尾が立つのは嬉しくてたまらないという表現。

 

逆に尻尾がダラーンと下がっている時は、気分も下がっている状態。つまらないなぁ。気がのらないなぁ。などという時です。ブンブンと激しく振り回しているときはご機嫌斜めなので、近づかないほうが無難です。

 

何気なくついている猫ちゃんの髭にも気持ちが表れます。気持ちがゆったりとしているときは下向きですが、興奮をするとピーンと前向きに立ちます。遊んでいる猫ちゃんを見ると四方八方に髭が広がっているのがわかります。

 

逆に怖いと感じると顔にピターとくっつくように後ろ向きになります。髭だけでも喜怒哀楽がわかるのって不思議ですね。

 

俗に言う猫ちゃんのイカ耳。怖いと思った時、気分が悪い時、嫌だと誇示しているとき、警戒している時などに、耳がつぶれ、後ろ向きにそっている状態です。上から見るとイカのように見えるのでイカ耳と呼ばれています。

 

そんな時はその状態から猫ちゃんを解放してあげるのが良いでしょう。

 

猫ちゃんを触っているとゴロゴロと喉から音がすることがあります。これは、猫ちゃんの気持ちが良くなり、嬉しいとか今の状態に満足している時、飼い主さんに甘える時に聞えてくる音です。

 

このゴロゴロという音は人間のストレス解消にも役立っているとも検証されています。仕事から帰った時、ゴロゴロとのどを鳴らして甘えてくれれば疲れが吹っ飛ぶのも、そのおかげなのかもしれないですね。

 

我が家の猫ちゃん達にはモグニャンという無添加でグレインフリー、ヒューマングレードのキャットフードを食べさせているのですが、ご飯の時間になると、ゴロゴロと喉を鳴らしながら近寄ってきて、いつもゴロゴロと喉を鳴らしながらモグニャンを待っていますよ(^^♪

 

猫ちゃんは人間とは違い、笑ったり困ったり悲しんだりと表情でわかる動物ではありません。そのため行動で自分の気持ちを表します。これがわかってくれば、会話はできなくても猫ちゃんとわかりあえ、今まで以上に仲良くなれるはずです。

 

>>モグニャンの詳細はこちら!