モグニャン 腎臓

モグニャンキャットフードは腎臓病にも効果があるの?

 

医食同源なんて言葉があるように、食と医は切っても切れない関係。良くないものを食べ続けると、やがて身体のあちこちに不調が現れてお医者さんにお世話になるなんてことも。

 

今すぐモグニャンの詳細を知りたい方は必見!

>>モグニャンの詳細はこちら!

 

もちろん家族同然のペットも同様。だからといって家族を同じ食べ物をあげていると、これも病気を誘発してしまいます。有名どころでは食材の「玉ねぎ」や異食で危険な「水仙」。猫ちゃんを飼うご家庭では、水仙は危険なキーワードになりますね。人間でもニラやネギと間違えて食べちゃう方もいます。

 

という訳で、食事と健康はよく同じ土俵で語られることが多いです。ところで、病気になってしまってからではどうなんでしょうか。モグニャンキャットフードで問題を解決出来るのでしょうか?

 

よく猫は年を取ってから腎臓が悪くなりやすいと言います。一説には猫ちゃんの先祖が乾いた地域で生活していた為に、少ない飲み水で生活することに慣れており、濃いオシッコで老廃物を体外に出すため腎臓に負担がかかりやすい。そして、それが積み重なることで高齢になってから腎臓を悪くする一因と言われています。

 

また飲み水が少ない事で、他の病気も心配されます。尿路結石です。結石は年齢はあまり関係ないとされていて若い猫ちゃんでも発症することがあります。結石が出来ると膀胱炎などから全身症状に発展することがあるので油断出来ません。

 

ちなみに腎臓は一度悪くなると、元には戻りません。人間も、腎臓透析のために1週間に2度、3度と通院している方もいらっしゃいます。これは猫ちゃんも同様で、一度壊した腎臓は元には戻りません。

 

ということで、タイトルにあるようにモグニャンキャットフードでは、腎不全は治らないのですね。

 

では腎不全や腎臓の機能が落ちてしまった時、また日頃の予防はどのようにしたら良いのでしょう。これは、冒頭に医食同源とありましたように食事のセレクトが重要になってきます。

 

では、腎臓に負担の少ない食事とは何に気を付ければいいのでしょうか。

 

基本的に言われているのは低リン、低マグネシウム、そして尿の酸性度の調整です。おしっこを沢山出すために新鮮な水をいつも飲めるようにしておくことも大切です。

 

治療を受けているときは医師の指導を守りながら給餌を行わないといけませんが、普段の食事でも注意する事が出来ます。一つ注意しないといけないのは、グルメな猫ちゃんだと病気になってから療養食に切り替えようとしても食べてくれないことがあるという事です。

 

そこで、総合栄養食として全年齢を対象にして安全性も高い評価を受けているモグニャンキャットフードが推奨されます。

 

↓モグニャンキャットフードの成分表は以下の通りです↓

粗タンパク質

30%

粗脂肪

16%

粗繊維

3%

粗灰分

6%

水分

7%

オメガ6脂肪酸

2.95%

オメガ3脂肪酸

2.08%

リン

0.53%

タウリン

0.10%

ナトリウム

0.30%

カルシウム

0.62%

マグネシウム

0.12%

エネルギー

374kcal/100gあたり

 

 

 

これらは主に腎臓の療養食やサポート食とされているキャットフードに比べても、遜色はありません。
気になっている方は試す価値ありです。

 

ちなみにマグネシウム等のミネラルは摂り過ぎも不足しても、尿路結石の原因になったり、関節などの障害を引き起こすので、極端な餌のあげ方は要注意です。

 

何事も過ぎたるは及ばざるが如しです。モグニャンキャットフードでは公式サイトのサポートにペット栄養管理士やホリスティックカウンセラーさん等の専門知識を持つスタッフが常駐しているので、少しでも不安を感じたり、疑問を持った事、悩みなどに丁寧に答えてくれます。購入前の判断にしたり、購入後のサポートに是非利用しましょう。

 

>>モグニャンキャットフード公式サイトはこちら<<

 

モグニャンの食材は人間でも食べられるものばかり。使用されている食材を徹底解説!

 

モグニャンは、原材料にとてもこだわっています。今回は、実際にモグニャンで使われている原材料の詳細について徹底解説していきます。

 

白身魚(63%)

白身魚は高タンパクでありながら低脂肪で消化吸収が良く、タンパク質としてとても優秀な食材です。

 

サツマイモ

サツマイモは食物繊維が含まれ、貴重な炭水化物源です。
猫は、炭水化物を消化が上手くできない体の構造になっており、サツマイモは穀類よりも消化吸収に良い食材です。また食物繊維の効果で便秘解消も期待できます。

 

エンドウ豆

皮膚や粘膜の細胞を正常に保つ効果が期待でき、カリウムやミネラル、ビタミンBも豊富に含んでいます。また、タンパク質を含んでおり、食物繊維も豊富なため、整腸効果が期待できます。

 

サーモンオイル

体内で作り出せない必須脂肪酸であるオメガ3とオメガ6が含まれています。

 

ひよこ豆

カルシウム、亜鉛、マグネシウムが豊富で、肉に変わるタンパク源としてインドでは重宝されているそうです。食物繊維やミネラル類を豊富に含み、便通を整えます。

 

レンズ豆

レクチンというタンパク質が豊富で、免疫力を上げます。またビタミンB群も豊富で、炭水化物や脂肪、タンパク質の代謝を助けます。その他、カリウムや鉄などが含まれています。

 

ヒマワリオイル

必須脂肪酸と言われるオレイン酸やリノール酸、ビタミン類(A、D、E)やカルシウム、鉄、亜鉛、リン、カリウムが豊富に含まれています。

 

フィッシュスープ

食欲をそそり、食いつきをよくするための原材料と考えられます。

 

ミネラル類

公式サイトによると、硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛第一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(U)五水和物、亜セレン酸ナトリウムが含まれているそうです。
唯一の人工添加物ですが、食品添加物にも利用されている安全なミネラル類です。

 

ビタミン類(ビタミンA、D、E)

 ビタミンAは皮膚や目を健康に保ち、免疫力を守ります。ビタミンDはカルシウムの吸収を促し、歯や骨の形成をします。ビタミンEは抗酸化作用があり、体に有害な活性酸素を取り除く効果があります。

 

ビール酵母

乳酸菌などの善玉菌を増やし、消化機能を助ける効果があります。

 

オリーブオイル

コレステロールの低下作用効果があり、肥満や悪玉コレステロールを減少させます。また、抗酸化作用があり、活性酸素を抑制する効果があります。

 

アマニ

体内で作り出せない必須脂肪酸であるオメガ3やファイトケミカルを含み、食物繊維やタンパク質も豊富に含まれています。

 

アルファルファ

野菜の王様と言われており、各種ビタミンや食物繊維、葉酸、ナイアシン、パントテン酸、コリン、亜鉛、カリウムなど紹介しきれない程沢山の栄養素が含まれています。

 

バナナ

ビタミンB2、ビタミンB6、ポリフェノールなどが豊富に含まれています。

 

リンゴ

ペクチンという体の調子を整える作用があり、クエン酸やリンゴ酸など体の健康作りに欠かせないポリフェノールが豊富に含まれています。

 

クランベリー

尿のPhを酸性化して、膀胱炎や腎盂腎炎、尿路感染症、尿の匂いを防ぎます。

 

カボチャ

カロテンやカリウム、食物繊維が豊富に含まれています。

 

セイヨウタンポポ

ハーブの一種で、すぐれた利尿作用があり、むくみ解消が期待できます。また、花にはルテインという眼病を予防する栄養素が含まれています。

 

いかがでしたか?タンパク質、ミネラル、ビタミン類、食物繊維など健康な体を維持するために必要な栄養素が豊富に含まれ、必要最低限の人工添加物のみ使用しているモグニャンは安心できるキャットフードと言えます。

 

 

>>モグニャンの詳細はこちら!