モグニャン 腎臓

必見!腎臓機能が気になりだした猫ちゃんにはモグニャンがおすすめ

 

一般的に猫ちゃんは6歳くらい、人間で言うと40歳くらいから腎臓の機能が低下してきます。人間も猫も腎臓の機能に気を使わないといけない年齢は一緒のようです。

 

腎臓の機能が気になりだした猫ちゃんにおすすめのキャットフードが、レティシアンより発売している「モグニャンキャットフード」。動物保護に関しては先進国であるイギリスはペットである猫ちゃんのフードに対しても信頼できます。そのイギリスのキャットフードスペシャリストと日本のレティアンが合同で、猫ちゃんのためのフードを研究開発して発売されたのがモグニャンキャットフードです。

 

今すぐ愛猫の腎臓病予防したい方必見!

>>モグニャンの詳細はこちら!

 

猫ちゃんの腎臓機能が弱ってくると、血液中の老廃物を濾過して尿として排出する機能が衰えます。それが進行してくると腎不全になります。現在猫ちゃんの死因として一番多い病気が腎不全です。

 

猫ちゃんの腎臓が弱ってくると、ダルそうにしていたり、元気がなくなり、水をやたら飲んだり、尿の回数が増えたりしてきます。そんな状態が少しでも見られたら、検査してもらうことをおすすめします。

 

腎不全はいったんなってしまうと進行を遅らせることはできても、元の体には戻ることができません。そのため、腎不全になってしまう前に対処してあげるのが大事です。その対処とされるのが食事療法。腎臓が弱ってしまった猫ちゃんにおすすめしたいのがモグニャンキャットフードです。

 

モグニャンキャットフードに含まれているオメガ3脂肪酸には、腎臓病を遅らせる効果があるといいます。オメガ3脂肪酸は、猫ちゃん用サプリメントまで出ているほど信頼できる成分で、体に良いとされており、人間用としても血圧を下げる効果や美容効果、血流改善などの効果が得られると服用するサプリとして出ているほどです。

 

このモグニャンキャットフードに含まれるオメガ3脂肪酸の効果が、猫ちゃんの腎臓の血流の流れを良くして腎臓の働きを支えてくれます。これは将来的なことを考えれば、今から腎臓の働きを良い状態で保つためにもおすすめです。

 

モグニャンキャットフードに含まれる白身魚やサーモンオイルには多くのオメガ3脂肪酸が含まれており、猫ちゃんの腎臓の負担を抑え、さらには毛艶を良くする作用さえあります。年をとっても毛艶が良いねこちゃんはいつまでも美しく飼い主さんも嬉しいのではないでしょうか。

 

さらに、モグニャンキャットフードに含まれるクランベリーは、アルカリ性に傾いた尿を正常値に戻す作用があり、腎臓の負担をなくし、結石ができにくくしてくれます。その上に抗酸化作用がありコレステロールの酸化にも作用し、血管や血液を綺麗に保つ役割をしてくれます。そのため腎臓にも良いとされている素材です。

 

モグニャンキャットフードは穀物を使用していないグレインフリーのフードで、しかも猫ちゃんの体に害を与える人工添加物を全く使用していません。人工添加物は腎臓で処理されるので、余計な負担もなく安心です。

 

穀物を使用しない代わりとなっているのが白身魚とさつまいも。白身魚は高タンパクで低カロリー。香りも良いため、猫ちゃんの好みに合っているという訳です。さつまいもは食物繊維が豊富で便秘の解消にもなり、サツマイモに含まれるビタミンCは、抗酸化作用や血管や皮膚などの老化を防止し、いつまでも元気で若々しい猫ちゃんでいられるように保ってくれます。

 

モグニャンキャットフードは、腎臓病対応の療養食ではありませんが、腎臓病に良いとされるリンとナトリウムの含有量は腎臓病の療養食レベルの量を保っております。腎臓病を患っていなくても、将来腎臓病にならないためにモグニャンキャットフードを今から食べさせることが必要です。

 

このモグニャンキャットフードを食べることによって、腎臓の働きを良くし、毛艶の良い、元気な猫ちゃんとなるに違いありません。猫ちゃんの腎臓の働きが気になったら、是非モグニャンキャットフードをお試しください。きっとご満足のいく結果が待っているはずです。

 

>>モグニャンの詳細はこちら!