モグニャン 腎臓

臨床獣医師も腎臓病療養食に近いキャットフードと認めたモグニャン

 

私は仕事の関係で、ご自分で動物病院を開業している臨床獣医師の方とお付き合いがあるのですが、その方に、我が家のアメリカンショートヘアと日本猫にモグニャンというキャットフードを食べさせていることを相談したことがあるのです。

 

なぜかと言いますと、アメリカンショートヘアの方が子猫の頃に検査をしてもらった時、「生まれつき心臓の形が悪いですね・・・もし何か異常があればすぐに病院に連れてきてください」と言われたことがあるからなんです。

 

ですので、食べさせるキャットフードは色々調べて本当に安全なものだけを食べさせてきたつもりなんですが、せっかく仕事の繋がりで臨床獣医師の方と知り合えたのでモグニャンの原材料と成分表を調べてもらったんです。

 

今すぐモグニャンの詳細を知りたい方は必見!

>>モグニャンの詳細はこちら!

 

モグニャンの原材料名一覧

白身魚63%、サツマイモ、豆、サーモンオイル、ひよこ豆、レンズ豆、ヒマワリオイル、フィッシュスープ、ミネラル、ビタミン、ビール酵母、オリーブオイル、アマニ、アルファルファ、バナナ、リンゴ、クランベリー、カボチャ、ダンデライオン(西洋タンポポ)

 

その時に、モグニャンと腎臓病療法食のFORZA10リナール・アクティブの原材料と成分の比較表も作成して見てもらいました。

 

臨床獣医師にモグニャンとFORZA10リナール・アクティブを検証してもらいました

 

↓FORZA10リナール・アクティブ原材料名↓

[ 通常粒 ]
スイートコーン、加水分解された魚蛋白、鶏脂肪(ミックストコフェロールで保存) 、加水分解されたポテト、ビートパルプ、魚油(ミックストコフェロールで保存)、コーン油 (ミックストコフェロールで保存)、ミネラル (炭酸カルシウム・リン酸カルシウム・硫酸 亜鉛・硫酸鉄銅グリシン合成物・マンガン酸化物・亜セレン酸ナトリウムヨウ化 カリウム)、乾燥酵母(BIOMOS)、FOS、DL-メチオニン、ビタミン( A・D3・E・ナイアシン・ B12・チアミン硝酸塩・パントテン酸・リボフラビン・ピリドキシン塩酸塩・ビオチン・葉酸) 、塩化コリン、タウリン、ユッカシジゲラ、ローズマリーエキス

[ AFS粒 ]
加水分解された魚蛋白、加水分解されたポテト、炭酸カルシウム、ハギ、クランベリー、タンポポ、ローズマリーエキス

FORZA10リナール・アクティブには2種類の粒があるみたいですね。

 

成分一覧

モグニャン

FORZA10リナール・アクティブ

粗タンパク質

30%

27.00%

粗脂肪

16%

15.00%

粗繊維

3%

3.00%

粗灰分

6%

6.80%

水分

7%

10.00%

オメガ6脂肪酸

2.95%

3.40%

オメガ3脂肪酸

2.08%

1.10%

リン

0.53%

0.50%

タウリン

0.10%

0.10%

ナトリウム

0.30%

0.20%

カルシウム

0.62%

0.60%

マグネシウム

0.12%

0.05

エネルギー

374kcal/100gあたり

381kcal/100gあたり

 

すると、獣医師の方から、

 

私の病院では、腎臓病食は嗜好性が悪いのが多くて猫さんがなかなか食べないといったことが多いので、数社のサンプルを用意しています。モグニャンは腎臓病食ではないですが、組成も腎臓病食に近くて、使われている食材も良いので嗜好性も良さそうですね。


と、おっしゃられていました。

 

そう言われた時は、「本当にモグニャンを選んで良かった!これからも安心してモグニャンを食べさせてあげることができる!」と嬉しくなりました。

 

そして、その方の凄いところは、ご自分で実際にモグニャンのお試しモニターに応募してモグニャンを取り寄せてくれたことです。

 

 

その臨床獣医師の方は取り寄せたモグニャンを、

 

精神的にキツイ猫ちゃんを飼っている方がおられるのですが、モグニャンは栄養のバランスが良いので、精神的にキツイ猫ちゃんに食べさせてみて精神的に落ち着かないかどうか試していただこうと思います。

 

それと、自壊症の猫ちゃんも診察に来ます。精神的に不安になると自分で舐めてハゲる病気です。ヒルズが母乳の成分を配合しているものがあるのですが、モグニャンもとても栄養バランスが良いのでそれの替わりにもできるのではないかなと思っています。


とも、おっしゃっていました。

 

で、その猫ちゃん達にモグニャンを試してみた結果を教えて頂けることになっていますので、どういう結果になるか、今は待っている状態です。

 

結果がわかれば、また記事にしたいと思います。

 

臨床獣医師のお墨付きの栄養バランスが整ったモグニャンには腎臓の悪化を遅らせることのできるオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。

 

粗タンパク質

30%

粗脂肪

16%

粗繊維

3%

粗灰分

6%

水分

7%

オメガ6脂肪酸

2.95%

オメガ3脂肪酸

2.08%

リン

0.53%

タウリン

0.10%

ナトリウム

0.30%

カルシウム

0.62%

マグネシウム

0.12%

エネルギー

374kcal/100gあたり

 

成分も腎臓病の療法食に近い組成ということは、子猫の頃からモグニャンを食べさせていれば歳をとっても健康な腎臓の状態に保つこともできる可能性もありますよね。

 

歳をとっても体内から健康なら、毛並みと毛艶も美しく綺麗な状態で保たれます。

 

栄養バランスの整ったモグニャンで、いつまでも元気で美しく綺麗な猫さんのままでいてもらいませんか?

 

 

今すぐ愛猫を健康にしたい方は必見!

>>モグニャンの詳細はこちら!