モグニャン 保存方法

口コミで話題のキャットフードの保存方法

 

皆さんはYahoo!検索などで、モグニャンというキャットフードを目にしたことはないでしょうか。無添加、自然派でアレルギー体質の猫ちゃんや、沢山餌を食べないシニア猫、消化吸収の良い良質な餌を必要とする赤ちゃん猫まで幅広く対応しているプレミアムなキャットフードです。

 

今すぐモグニャンの詳細を知りたい方は必見!

>>モグニャンの詳細はこちら!

 

そのこだわりは自然派無添加を謳い、製造をペット先進国と言われるイギリスにて行っており、国際規格SAI GlobalのランクAを取得した工場にて厳しい品質チェックが行われています。原材料から完成品に至るまでロット管理されていて、完成品はもちろん原材料までトラッキング出来るようになっています。

 

また、モグニャンキャットフードは元来肉食である猫ちゃんのことを考えられて作っていて、アレルギーのリスクの低い白身魚をふんだんに使い、タンパク質のかさ増しや、軽量化の為によく使われる穀物類もグレインフリーとして不使用です。

 

このようにモグニャンキャットフードには、余計な保存料や香料などの人口添加物は含まれていません。抗酸化成分として天然由来のビタミンEのミックストコフェロールが含まれていますが、開封後あまり長い間、食べきれないでいるとどうしても鮮度が落ちてしまいます。

 

では、モグニャンキャットフードを常に新鮮な状態で猫ちゃんにあげるのにはどのようにしたら良いのでしょうか。

 

まずパッケージに注目したいと思います。パッケージ自体は薄いラベンダー色の厚手のタイプ。表面もシンプルです。同じ価格帯のプレミアムフードでは、このような包装をしている事が多いです。人工的な保存料を使用していないため、出来るだけ鮮度を保つ工夫です。

 

また、取り出し口にはマジックテープタイプのチャックが付いており、口コミでも使いやすさに定評があります。使用後は出来るだけ空気を抜いて保存するのに適しています。

 

 

これらの機能を使うことである程度、鮮度を保つ事が出来ます。

 

大体の猫ちゃんには、1から2か月で食べ切れる量(一袋1.5s)ですが、猫ちゃんが一匹だったり、老描で食が細い時などは餌の減りも遅いですね。その時には、このような方法があります。

 

ジップロック等の保存容器で冷暗所に保存。他にも中の空気を抜いて真空状態に近付けることで、酸化を防ぐタイプのキャットフード容器もありますが、もともとが少量なのでジップロック等の安くて繰り返して使うことも出来るもので保管しても、食べきれるまでに充分役に立ちます。

 

特に夏場や梅雨時は湿気も多く、自然派食品である新鮮なフードが早く傷みやすいので、冷暗所での保管はとても便利です。

 

このように、いつも新鮮なモグニャンキャットフードを用意することで、猫ちゃんも毛艶良く元気に過ごしてくれることでしょう。是非、試して下さいね。

 

またモグニャンキャットフードでは公式サイトのサポートにペット栄養管理士やホリスティックカウンセラー等の専門知識を持つスタッフが常駐しています。

 

少しでも不安を覚えたり、ここが分からない等、些細な疑問にも丁寧に答えてくれますよ簡単な質問にも親身に答えてくれますので、活用してみて下さいね(^_-)-☆

 

 

>>モグニャンの詳細はこちら!