モグニャンキャットフード 話題

今話題!モグニャンキャットフード!

 

最近はペットブームでいろんな種類のペットを目にします。特にここ何年かで人気に火がついたのが「猫」ですよね。初めて猫を飼う方も多いと思います。そんな中迷うのがキャットフードですよね。

 

今回は初めての方にもわかりやすくキャットフードについて書きたいと思います。

 

今すぐモグニャンの詳細を知りたい方は必見!

>>モグニャンの詳細はこちら!

 

今回のおすすめキャットフード

今回ご紹介するのは、「モグニャンキャットフード」です。このキャットフードは、カナガンという猫の健康を考えたキャットフードを販売している会社のスタッフが、香りと味わいを追求したキャットフードです。

 

聞いたことないという方も多いかと思います。それもそのはず、購入できる場所は、公式サイトとAmazonのみとなっているようです。市販で売られていない理由は、無添加のため、発注とともに新鮮なキャットフードをお届けするためです。

 

このキャットフードは何がおすすめなのかというと、市販で売っている安価のキャットフードと明らかに原材料や、安全度が違います。猫にとって一番大切な栄養素は、タンパク質です。

 

市販で売られているキャットフードは、炭水化物でかさ増ししているものが多いのが現状です。さらには、発ガン性のある成分(エトキシキン、BHT、BTA)が混ざっていることもあり、病気になってしまう可能性が高くなるのです。

 

モグニャンキャットフードは、穀物を使用しておらず、グレインフリーで作られています。食事管理を必要としている猫や、高齢の猫、食の細い猫でも安心です。また、オールステージ対応で、年齢により、餌を変えることもしなくていいのです。

 

まずは、モグニャンキャットフードの成分や危険度を詳しく見て行きましょう。

 

モグニャンキャットフードの原材料と成分は?

実際どのような原材料や成分になっているのかを調べました。

 

モグニャンキャットフードの原材料

 

白身魚、サツマイモ、豆、サーモンオイル、ひよこ豆、レンズ豆、ヒマワリオイル、フィッシュスープ、ミネラル、ビタミン、ビール酵母、オリーブオイル、アマニ、アルファルファ、バナナ、りんご、クランベリー、かぼちゃ、たんぽぽ

 

 

モグニャンキャットフードの成分

粗タンパク質

30%

粗脂肪

16%

粗繊維

3%

粗灰分

6%

水分

7%

オメガ6脂肪酸

2.95%

オメガ3脂肪酸

2.08%

リン

0.53%

タウリン

0.10%

ナトリウム

0.30%

カルシウム

0.62%

マグネシウム

0.12%

エネルギー

374kcal/100gあたり

 

 

モグニャンキャットフードは、よく耳にする、また自分たちも食べているものが原材料のほとんどです。白身魚は63%と高タンパク質で、グレインフリーなのが特徴です。

 

猫にとって危険なもの

猫にとって、添加物や塩、大豆などは長年摂取し続けていると病気になったり、アレルギーを発症してしまう可能性がある食材です。

 

危険な食材や添加物をまとめてみました。

 

4Dミール、BHA、BHT、副産物、エトキシキン、遺伝子組換え原料、合成着色料、人工香料、ビートパルプ、塩、とうもろこし、大豆、麦など、廃棄物

 

これらは値段の安いキャットフードには入っていたりします。上記のものが全て入っていないモグニャンキャットフードは、年齢がバラバラな猫を飼っていても、病気になってしまった猫でも、安心して食べさせてあげられます。他のキャットフードと比べてもモグニャンキャットフードの成分の安全度は明確でした。

 

大切な愛猫のために

今回、モグニャンキャットフードをご紹介させていただきましたが、餌の中でもこんなにも、成分が違うことや、日々与える餌で知らないうちに病気にさせてしまうことがわかりました。毎日の安全で美味しい食事で病気にならない体作りをサポートできたらと思います。

 

そんなモグニャンキャットフードの案内はこちら!

 

>>モグニャンの詳細はこちら!