モグニャン 下痢 口コミ

モグニャンで下痢になった!という口コミ。モグニャンだけが原因?

 

「モグニャンで下痢になった!」、「モグニャンで軟便になった!」という口コミがたまにチラホラとあります。

 

ですが、下痢になった原因は本当にモグニャンだけが原因でしょうか?

 

モグニャンだけが原因で軟便や下痢になるのか、ご自分で開業されている現役の臨床獣医師の方に聞いてみましたので、ご紹介したいと思います。

 

ちなみに、この方にはモグニャンの原材料、成分、製造方法に至るまで調べて頂きました。

 

↓以下、現役の臨床獣医師の方がおっしゃられていた内容です。↓

 

猫ちゃんが軟便や下痢の時は原因を突き止めるのは本当に大変です。しかし、モグニャンに使用されている原材料から見ても普通なら下痢や軟便にはならないはずです。

 

確かに、脂質や食物繊維が多く含まれるキャットフードを、適切な量を守ってあげないと下痢や軟便になる可能性はあります。ですが、重要なのはモグニャンを与える時、またはそれ以外で何か変わった事をしなかったか?です。

 

モグニャンを食べさせてあげる時、モグニャンに切り替えようとした時に、今まで食べさせていたキャットフードとの組み合わせが悪かったせいで下痢や軟便にもなります。もしくは、モグニャンに振りかけてあげたものとの組み合わせの悪さでも下痢や軟便にもなります。

 

ですので、下痢や軟便の猫ちゃんを診察に連れてきた方にはまずは、今与えているものを考えてみる。見直してみてください。とアドバイスを致します。

 

「猫ちゃんに対して何か変わった事をしなかったか?」ということですが、
飼い主様はキャットフード(モグニャン)しか変えてないというのがほとんどです。例えば、いつもの食事の場所から違う場所に移動した時などです。

 

猫ちゃんという生き物はデリケートですので、それだけでもストレスで下痢や軟便になる可能性もあります。あとは飲み水を替えたとかキャットフードを入れる食器を替えたとかです。もしこれでも変わらない場合は病気の可能性が考えられます。

 

他には、フード切替のタイミングでは、このような症状が起こることがあります。ずっと続けていたフードを切り替えたことにより、一時的に腸内フローラのバランスが崩れることが原因として考えられます。

 

これはモグニャンキャットフードにかぎらず(また猫ちゃんにも限らず)起こり得る症状です。対応策としては、フード切替は急激にせず、徐々に従来のフードと混ぜながら1週間ほど掛けて移行すると良いでしょう。

 

また、先程も言いましたが、脂質や食物繊維が多く含まれるキャットフードを、適切な量を守ってあげないと軟便や下痢になることがありますので、フード移行期を過ぎても症状が続く場合は、給与量の調整をお勧めいたします。

 

それでも継続的に症状が続く場合は、フード以外が原因での疾患の可能性も考えられます。病気に起因したものやアレルギー性のものなど理由は様々考えられます。

 

いかがでしたでしょうか?

 

軟便や下痢になる原因がモグニャンだけではないことがわかっていただけたでしょうか?

 

我が家の猫ちゃん達にも半年ぐらいモグニャンを食べさせていますが、下痢や軟便になったということはありません。

 

コロコロとした、ちょうどいい固さのうんちが出ていますよ。

 

モグニャンの口コミで、「下痢になった!」、「軟便になった!」という方は、フードの切り替え方であったり、モグニャンと組み合わせたフードが何だったのか?、食器の場所を移動させたりとか、何か身に覚えはないでしょうか?

 

猫ちゃんは本当にデリケートな生き物ですので、いきなりフードが替わるだけでストレスで下痢や軟便になります。

 

人間でもストレスが溜まりやすい性格の人もいれば、ストレスが溜まらない人もいるように、猫ちゃんにも様々な性格の猫ちゃんがいてると思います。

 

ですので、モグニャンに限らず、新しいフードに切り替える時は、適切な給餌量を守って猫ちゃんと真剣に向き合って慎重に切り替えてあげてくださいね(^_-)-☆

 

 

腸内フローラって何?

 

先ほど、腸内フローラという言葉が出てきて「腸内フローラって何?」って思った方や初めて聞いた方もおられると思いますので、簡単に説明したいと思います。

 

腸内フローラというのは、健康や寿命を左右し、これを整えると人生が変わるとまで言われいます!

 

猫ちゃんも人間と同様、健康で長生きする為には腸内フローラを整えることが大切です。

 

その腸内フローラとは、動物の腸の中には腸内細菌というさまざまな細菌が発生しています。

 

人間の場合、その数百兆から千兆個。約1000種類にも及び、重さにして1Kgから2Kgもあるそうです!

 

内視鏡で見ると、腸の中に細菌がびっしり敷き詰められている様子をお花畑にたとえ『腸内フローラ』と呼ばれているそうです。

 

その腸内フローラが乱れるとどうなるのか?

 

免疫力の低下

腸内細菌の一種である善玉菌には免疫機能を高める働きがあります。腸内フローラが乱れて善玉菌が減ると病原菌が繁殖しやすい環境に。
また腸の中には全身の免疫細胞の6から7割以上が存在します。腸内フローラが乱れると免疫細胞の活動が低下して数も減るので、病気にかかりやすく、治りにくい体になってしまうのです。

 

ストレスに弱くなる

神経細胞は脳の次に腸に多く存在し、「第二の脳」とも言われています。そのため、腸内フローラはメンタルにも影響があります。
腸内フローラが乱れるとストレスに弱くなることがわかっています。

 

ひょっとすると、これが、デリケートな猫ちゃんがモグニャンを食べて下痢や軟便になっている原因のひとつかもしれませんね。

 

肥満

腸内フローラが乱れると老廃物や余分な水分が体内にたまり、体重が増加。さらに、代謝が低下して余分な脂肪がつきやすくなり、太りやすく痩せにくい体質になります。

 

h4元気がなくなる
腸内フローラが乱れると新陳代謝が低下し、老化が加速。元気がなくなったり疲れやすくなったりする原因に。

 

毛艶が悪くなる

人間が便秘になると肌の色がくすむように、猫ちゃんも腸の中に老廃物がたまると毛並み・毛艶が悪くなってしまいます。

 


 

猫ちゃんの毛並みと毛艶は健康のバロメーターですからね。良いキャットフードを食べさせていれば毛艶も良くなり、悪いキャットフードを食べさせていれば毛並みもボサボサになるので、猫ちゃんを見れば良いキャットフードを食べさせているのかどうかがわかるとも獣医師の方はおっしゃられていました。

 

我が家の猫ちゃん達は、獣医師の方にも、友達にも、Facebookの愛猫家さん達からも、「いつも毛並みと毛艶が綺麗ですね!」とお褒めの言葉を頂きます。

 

この言葉を聞くだけでも、「モグニャンを選んで良かったな」と、嬉しい気持ちになります。

 

そんなモグニャンでは、50gのサンプルを試せる100円モニターを秘かに募集しているんですよ!

 

気になる方は参加してみてはいかがでしょうか?

 

\先着1,000名限定!早い者勝ち!/

 

100円モニターに今すぐ参加したい方はこちら
↓↓↓
>>100円モニターへの参加はこちら

※当サイトでは、モグニャン100円モニター専用公式サイトへのリンク先を紹介していますが、人数が1,000名様に達した時点で募集終了となり、通常のモグニャン公式サイトが表示されるようになっていますのでご了承くださいm(_ _)m

 

もし100円モニターが終了していたとしても諦めないでね!

 

公式サイトでは20%OFFの3,168円で買うことができるので、楽天5,250円、Amazon4,968円よりも激安で買えるので公式サイトから買うといいですよ!