猫 食物アレルギー

知っていますか。猫ちゃんにも食べ物アレルギーがあるんです

人間でも食べ物アレルギーがあるように、猫ちゃんにも食べ物アレルギーがあることを知っていますか??

 

人間がアレルギー症状を起こすように、猫ちゃんもある一定の物を食べると、体の免疫成分が異常な反応を起こして、体が痒くなったり、下痢や嘔吐を起こしたりとアレルギー症状が出ることがあります。

 

猫ちゃんの食べ物アレルギーには2種類の症状が見られます。

 

  • ひとつは体が痒くなり脱毛や引っかき傷が絶えなくなる皮膚炎のような症状が見られるタイプ。
  • もう一つは、嘔吐や下痢が長引き、血便などが見られる胃腸炎のような症状です。

 

どちらにしてもある一定の種類のものを食べた時に起こるのですが、人間のように食べたらすぐに出てくるものではなく、そのため判断も難しく、飼い主さんを悩ませる問題でもあります。

 

それでも、記録をつけ、よく観察して見るともしかしたら、と、判断することも可能です。そんな時にはすぐに獣医さんに相談しましょう。

 

人間の食物アレルギーは卵や小麦などが原因となることが多いのですが、猫ちゃんに関してはキャットフードに含まれるたんぱく質分の肉に多く反応していることがわかっています。

 

牛肉や鶏肉ラム肉や魚、と肉にもいろんな種類があります。その中で原因と思われるものを一つずつ除去していくと何がアレルギーの原因なのかがはっきりしてきます。

 

ただし、猫ちゃんの中には人間と同じように、卵や小麦、乳製品などにアレルギーを持つ猫ちゃんもいます。あるいは穀物アレルギーを持つ猫ちゃんもいます。

 

穀物アレルギーの猫ちゃんの場合や、チキンなどの獣肉アレルギー持ちの猫ちゃんにはグレインフリー(穀物不使用)で、原材料のメインには白身魚を63%使用しているモグニャンがオススメです!

 

なぜなら、モグニャンはアレルゲンとなる食材は除かれて作られたスペシャルキャットフードだからです。

 

今すぐモグニャンの詳細を知りたい方は必見!

>>モグニャンの詳細はこちら!

 

モグニャンの原材料名一覧

白身魚63%、サツマイモ、豆、サーモンオイル、ひよこ豆、レンズ豆、ヒマワリオイル、フィッシュスープ、ミネラル、ビタミン、ビール酵母、オリーブオイル、アマニ、アルファルファ、バナナ、リンゴ、クランベリー、カボチャ、ダンデライオン(西洋タンポポ)

 

 

仮にモグニャンを食べてアレルギー症状が出たとしても、使用されている原材料がシンプルなため、アレルゲンとなる食材を特定しやすいといったメリットがあります。

 

猫ちゃんが体を痒がる場合は、食べ物アレルギーを疑う前にノミや疥癬、真菌などを原因とする皮膚炎ではないかどうか調べることも必要となります。アレルギーを疑う場合には、自分だけで判断せずに、必ず獣医さんと相談することが必要です。

 

さらに、キャットフードでも粗悪のものになると何が含まれているかわからない場合もあります。

 

海外ではキャットフードとして売られていたものが実はドッグフードであったとか、何の肉かよくわからない肉を使用しているなどの被害もでています。

 

偽装フードが多いという格安のキャットフードがアレルギーの原因となっていることもあります。そんな場合には、まずは、信用できるキャットフードに変えてみることも大切です。

 

食物アレルギーを疑うと判断されたら、今まで食べていたキャットフードやおやつを全て書きだし、そこに含まれていない成分のキャットフードのみを与えていきます。ただし、この判断も獣医さんとよく相談の上で、どんなフードが良いのか指導をしていただくのが良いかと思われます。

 

アレルギー除去食というものが、各メーカーから出されていますので、それぞれのアレルギーの猫ちゃんにあった食事に変えてあげましょう。そうすればきっとアレルギーで苦しむ猫ちゃんも助けられるはずです。

 

食物アレルギーと判断されたのならば、これから先ずっと付き合っていかなければいかない問題。いかに楽に、猫ちゃんが過ごせるかどうかは、飼い主さんにかかってきます。まずは、猫ちゃんも飼い主さんも安心できるアレルギー除去のキャットフード選びから始めまてみませんか?

 

穀物アレルギーやチキンなどの獣肉アレルギー持ちの猫ちゃんが、毛並みと毛艶が美しくなるように1度モグニャンを試してみませんか?(^^♪

 

>>モグニャンの詳細はこちら!