猫 瞳

知れば知るほど面白い。意外と知らない猫ちゃんの瞳の色の不思議。

 

明るいと細く、暗いと大きくなる猫ちゃんの瞳。暗闇の中でビームを出している猫ちゃん。ビー玉のような綺麗な瞳の猫ちゃん。普段何気なく見ている猫ちゃんですが、その瞳には様々な不思議があるのをご存知ですか。

 

猫ちゃんの魅力に瞳の綺麗さをあげる人もいます。そんな猫ちゃんの瞳には神秘のベールに包まれた不思議がたくさんつまっています。今回は、意外と知らない猫ちゃんの瞳の色の秘密を調べてみました。

 

猫ちゃんには人間のような白目がありません。そのかわりに猫ちゃんの目の色が付いている部分、人間で言う黒目の部分である虹彩が瞳の色を表しています。猫ちゃんの瞳の色は様々な色があるのをご存知ですか。

 

グリーンの瞳の子や茶色い子。ゴールドや、中には美しいブルーの瞳を持つ猫ちゃんもいます。さらには、左右の色が違うオッドアイと呼ばれる瞳を持つ猫ちゃんやうさぎのように赤い瞳を持つ猫ちゃんまで。さらに、子供から大人の猫になる成長の過程で変化することもあります。

 

猫ちゃんの瞳の色は、その毛色によって違ったり、あるいは猫ちゃんの種類によって違ったり、それらは遺伝だったり、と、まだまだ研究段階のようです。あるいは、その猫ちゃんの祖先やどこに住んでいたかで違うとも言われています。

 

生後2カ月くらいまでの猫ちゃんはキトンブルーと言って、ほとんどの仔猫が青い瞳を持っています。これは猫ちゃんの体の中にあるメラミン色素がまだ働き出していないからといい、成長すると共にメラニン色素も働きだし、瞳の色も変わってきます。

 

ちょっとの間しか見られないキトンブルーの瞳は、貴重であるので、しっかりと見ておきたいですね。

 

猫種で言うと、ロシアンブルーはエメラルドグリーンの瞳を持ち、シャムはブルーの瞳を持つ種類だということは検証されて、公式発表されているようです。

 

ポインテッドという耳の先端、顔の真ん中、足先や尻尾が他の部分よりも毛の色が濃い猫種は、ブルーの瞳を持つ子が多く、ティップドという毛先だけに色が付いている猫種はグリーンの瞳を持つ子が多い。

 

左右違う色のオッドアイは、白色の猫ちゃんに多く見られます。片側がブルーでもう一方がグリーンや茶色の子が多くいます。このオッドアイ。日本では、はるか昔から金眼銀眼といって希少価値がある猫ちゃんだと大切にされてきました。

 

また、オッドアイを持つ猫ちゃんは、青い目側の耳が聞こえにくいということも研究で確認されています。オッドアイの中でも、一つの瞳の中に2色の色を持つ猫ちゃんもいます。これはダイクロイックアイと呼ばれ、瞳の真ん中から2色に分かれている特殊な瞳です。

 

どちらの猫ちゃんもちょっと神秘的で不思議な力があるように思ってしまうのは、私だけではないですよね?

 

猫ちゃんの瞳は見ているだけで吸い込まれそう。宝石のようにキラキラして綺麗で、どの瞳もいつまででも見ていられる美しさを持っています。瞳の色には8種類とも10種類とも言われ、それぞれが特徴的でどれも美しく、いろいろな猫ちゃんの瞳を気にして観察していくと面白いかもしれません。

 

あなたのお家の猫ちゃんの瞳は何色をしていますか。瞳の不思議を知った上で見る猫ちゃんの瞳。まだまだ知らない猫ちゃんの不思議をもっともっと知りたくなってきました。

 

>>愛猫の毛並みを美しくしたい方は必見!